千葉県の外壁塗装・屋根塗装・住まいのメンテナンス

0479-63-8864

受付時間 7:00-21:00 (土、日、祝日も営業中)

お問い合わせ

contact

ブログblog

旭市にてリフォームS様邸 新築のように!⑥

  • 2019.11.15

LINEで送る
Pocket

本日も旭市S様邸続きになります。

 

今日の工程は<コーキング>です。

 

当社でナノコンポジット施工する場合は「コーキング後打ち」です。

※「後打ち」とは、壁の塗装が終わってからコーキング施工 逆に「先打ち」は壁の塗装前にコーキング施工

なぜ「後打ち」の方が良いのかと言うと、塗料とコーキング材の伸縮率は違います。よって数年は綺麗な状態かもしれませんが次第にひび割れが出てきて見た目も良くない為「後打ち」しております。

材料によっては「先打ち」してもOKな材料も有りますが、当社ナノコンポジット施工時は「後打ち」施工です。

 

まずは旧コーキング撤去

サイディング面を綺麗に出して(旧コーキングを完全に除去)からのプライマー塗布しないとサイディングと打ち直す新しいコーキングが密着しませんので出来るだけ旧コーキングは除去します。

壁と同色のコーキングになります。

石毛塗装ではコーキングメーカー様と塗料メーカー様に協力して頂き、両商品とも全く同じ色にて調色して頂いております。

<マスキングテープにて養生 コーキング用のプライマー塗布 ボンドブレーカー貼り付け>

<新規コーキング 打ち直し>

テープを剥がしてコーキング完成です。

石毛塗装では基本的に壁に付いている雨樋など全て取り外して作業します。

そうする事で、樋や壁に付いた付属品の裏側に隠れているコーキングなども打ち直せます。

 

この後の工程は<シャッター塗装の為のケレン作業>ですがケレンしたゴミ、塗膜、錆等が飛散し打ち直したばかりのコーキングに付いてしまう為本日はこれにて終了です。

※コーキングは塗料と違い、表面硬化に時間が掛かります。

LINEで送る
Pocket

トップに戻る